妊活。私たちが自然妊娠したときのはなし②

妊活

どうも、猫池です。

妊娠をめざし自己流タイミングを続けるも、うまくいかない日々でした。この続きです。

スポンサーリンク

不妊専門病院に通うことを考え始める

妻の体を考える

ベネッセ本では、(妻側の)年齢によりますが半年〜1年頑張ってみて結果が出なければ、病院に通うことを勧めていました。ネットでも似たようなことが書いてあります。不妊治療中の方のブログを読み漁り、不妊治療用語に詳しくなった頃、NHKのあさイチでプレコンセプションチェックというものを知りました。

ここで紹介されていたのは国立生育医療研究センターです。

コンセプション(Conception)は受胎、つまりおなかの中に新しい命をさずかることをいいます。プレコンセプションケア(Preconception care)とは、将来の妊娠を考えながら女性やカップルが自分たちの生活や健康に向き合うことです。

国立成育医療研究センター公式HPより。

 要するにブライダルチェックをやるようなんですが、ネットで話題の甲状腺など、かなり詳しく検査してくれるようです。

このチェックを受けて、甲状腺の薬を飲み始めてからあさイチのディレクターさんは妊娠したらしく。何それ私も受けたい!と予約してみましたが、取れたのは3ヶ月以上先。悩んでる人たくさんいるんだなあ…と切なくなりました。

夫の体を考える

不妊の原因は昔から女性側にあると思われがちです。また、自然と女性もそう思ってしまうのがあるあるではないでしょうか。私もそうでした。なんとなく、私には授かる力がないのかな…と自信が無くなってきてしまうんですよね。

でも、毎月毎月、生理痛に苦しみながら、今月もダメだったと泣く私に、夫が「自分に問題があるのかも。ごめん」と呟いたのです。

そうか、そういう可能性もなきにしもあらずなのか?と思い…そういえば、排卵検査薬を買ったサイトに自宅でできる精液検査キットがあったなと思い出しました。国立生育医療研究センターの予約はまだまだずっと先なので、とりあえず自宅でやってみる?と、買ってみました。

結果…専門家ではないので分かりませんが、夫側には問題なさそう。ということが分かったのです。

やっぱり私に問題があるの?

夫に問題はなさそう。タイミングも合っている。ということは、やっぱり私に問題があるんだ…とうじうじモードに…。私は元々、卵巣嚢腫をもっているしAMHも低かったので、それもあるのかなあ…卵巣嚢腫があっても、妊娠できますと主治医の先生には言われていたのになあ…と、考え込む日々が続きました。

この頃は、不妊治療ブログを読みあさっていました。不規則かつ高頻度の通院、自己注射、時間に正確に服薬…自分にも出来るのか不安で、悶々としていました。

そんな日々が続きますが、不妊治療ブログを読みあさっていると、まず出来ることからやってみようという方が少なからずいらっしゃることに気付きました。国立生育医療研究センターの予約はまだまだ先だし、私もとりあえず出来ることをやってみようと思い始めたのです。不妊治療ブログの皆さんの体質改善を参考に、色々始めてみました。

とりあえず、寝る

睡眠が大事らしいので、とにかく早く寝ました。勤め先は時間に融通がきいたので、そこはとてもありがたかったですね。タイミングを取るときだけ、夫に合わせて夜更かししました。

タンパク質を多く取る

これまでも割とバランスよく食べていたのですが、タンパク質を摂ると良いらしいので意識するようにしました。と言っても、おかずを1品増やすのは食べきれそうにないので、鶏そぼろやしらすなど、ごはんにかけるタンパク質を常備するようにしました。

ヨガを始めてみる

「ウミヨガ」という本を買って、自宅でヨガをやってみようと思い立ちました。が、三日坊主で終わりました…。私は強制的にやらないと続けられないなと思い、ホットヨガに通うことにしました。体が硬いので、ホットヨガだと体が温まってまだマシかなと思ったためです。週に1~2回通ったと思います。ホットヨガに行くと、肌の調子もいいのでとても気に入っていました。

ルビーナめぐりを飲み始める

漢方の病院に通うのは、金銭的に大きいなあと思い、武田薬品のルビーナめぐりを飲み始めてみました。これを飲み始めてから、なんとなく生理痛が軽くなったような…冷え性も改善されたような…。全て気のせいかも知れませんが、私は飲み始めてよかったなと思っています。食前または食間の服用なので、そこだけ面倒でしたが。

やっぱり何にも起こらない

この頃には、早期妊娠検査薬を使っていました。もう、待ちきれなくて。生理予定日の5日くらい前から毎月使っていました。が、いつまでも真っ白のまま。色々始めたのにな。まだダメか。またダメか。いつまでダメなんだろ…もうダメなのかな…と、とうとう諦めの境地に達します。

猫池
病院に行って望みがないって言われたらどうする?
望みがないって、どれくらいで分かるものなのかな?それともいつまでも望みはあるものなのかな?
猫池
治療はどこまでやる?体外受精まで私たちにできるのかな?
うーん。その時にならないと分からないかも。体の負担が心配だけど…。もし本当に望みがないなら、猫を飼って2人でのんびりしよう
猫池
そうだね…そう考えるのもありなのかもね

なんとなく惰性で、睡眠やホットヨガなど続けていましたが、葉酸サプリは1回飲み忘れたのをきっかけに、飲まなくなってしまいました。夫婦仲は良かったのでスキンシップはありますが、タイミングは積極的には取らなくなりました。なぜか、病院に行ってもうまくいかないだろうな…と諦めモードで、夫婦2人で生きていくんだなと思い込んでいました。

忘れた頃にうまくいく

そんな中、生理予定日1週間前くらいから、いつもより基礎体温が高い気がするな、という日が数日続きました。風邪気味かなと思いましたが、なんとなく早期妊娠検査薬で検査してみると、うっすらと線が見えます。半信半疑でしたが、それでも嬉しかったです。と同時に不安でした。明日は線出るのかな?消えちゃうのかな?夫に言うべきなのかな。迷いましたが、帰ってきた夫に、玄関ですぐ伝えてしまいました。夫は無邪気に喜んでくれました。2人で喜びながらも、私は不安でした。自分の体に自信が無かったからです。

それからは1日2回、早期妊娠検査薬で検査していました。日に日に線が濃くなっていき、少しずつ実感がわいてきました。夫は早く病院に行こうと言っていましたが、早すぎてもだめなんだよとなだめ。生理予定日一週間後に、通常の妊娠検査薬で検査し、濃い線が出ました。これを見てようやく、病院を予約しました。2回の通院を経て心拍を確認し、母子手帳を取りに行きました。

それでも、未だ毎日不安になります。このまま出産まで無事に進むといいな…と、祈る毎日です。

結局、何がよかったのか

それは分かりませんでした。強いて言うなら…。我々の場合、うまくいった周期は、「自然にタイミングを取った」ということかなと思います。たまたま、自然にタイミングを取りました。葉酸サプリも飲み忘れ続け、ルナルナも見なくなり、基礎体温も測ったり測らなかったりの日々でした。なので、排卵日!タイミングしよう!というような感じではなく、本当にたまたまです。それがよかったのかな…と今では思います。その頃は諦めの境地に達していたので、色々と意気込んでいない自然体だったことも良かったのかなと思います。ですがこれはあくまで「たまたま」うまくいった猫池家の場合、です。

まとめ

結局なんの参考にもならない記事かも知れませんね…決定的に効果的だったことが何かは分かりませんでしたが、やはり色々な意味で、タイミングが重なることは大事なんだなと実感しました。我が家の場合は、「妊活のため!」と始めたことが落ち着いて、肩の力が抜け、様々なタイミングが揃ったことが効果的だった、としか言いようがありません。

体も人それぞれ、心も人それぞれと思います。今、自己流タイミングを頑張っている方も、通院されている方も、何かのタイミングが揃えばトントンとうまくいくかもしれません。赤ちゃんを産む・育てる望みを持つすべての方のもとに、素敵な贈り物が届くことをお祈りいたします。

最後までお読みくださりありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました