0歳で保育園は「かわいそう」なの? 実際に預けてみて感じたメリット・デメリット

育児

こんにちは、猫池です。

我が家では、生後6ヶ月から保育園に入園しました。約半年預けてみてのメリット・デメリットをまとめてみようと思います。なお、こちらに記載した内容はあくまで我が家が通う園の場合ですので、その点のみご留意ください。

スポンサーリンク

メリット

栄養バランスがよく美味しい給食

なんといってもコレ。離乳食って作るの大変ですよね。これでいいのかな?と、不安と試行錯誤の日々。でも通園してると、少なくとも1日1回は栄養バランス抜群の給食を出してもらえます。我が家が通う園では、2回まで給食を出してもらえるので、とても助かりました。2回食の時期は家ではミルクだけ。3回食になると、朝はバタバタなのでミルクのみにして、午前食・午後食は保育園。降園後、夕食を離乳食+ミルクにしました。そして離乳後は、朝夕は家で食べるとして、園では昼食・移行食(もうすぐおやつになる)を出してもらっています。栄養士さんがちゃんとカロリー計算までして作ってくださったごはん。おうちのごはんがうまくいかない日も、園でいいごはん食べてるしな…と思うと安心感が違いました。

子育ての相談ができる

そして、小さいことも相談ができます。最近おむつ替えをイヤがる…寝かしつけがうまくいかない…服は何を着せればいいのか(ベビー服っていっぱい種類があって難しすぎる)…。些細な心配事がたくさんあると思うんですが、どんなことも相談できます。しかもプロの目で応えてもらえます。それも、ほぼ毎日子供の様子を見ているプロの目です。例えば寝かしつけなら、園でどうやって寝かせてるか聞いて、家で実践してみることもできます(同じ方法で家でも寝るかは別問題ですが)。その場限りの相談相手には応えられないことも、教えてくれるかもしれません。

健康診断や身体測定を定期的にしてくれる

我が家が通う園では、0歳児は月に2回、嘱託医の先生が園に来てくださって、健康診断をしてくれています。入園していないとそんな頻度で通院することはなかなかないので、とっても安心です!

また同じ頻度で身体測定もしてくれます。体重や身長の伸びをちゃんと知れるので、これもとても嬉しいです。我が家の場合、入園してなければなかなか測らないと思いますし…。

月齢に合った遊びや運動をしてくれる

坂道のハイハイって、自宅でできますか?我が家はできません。よじよじ登ったり、降りたり…体幹にいい運動をうまく取り入れて、遊ばせてくれます。

また、みなさんはいつから絵の具遊びさせるか決めていますか? 私は全く見当が付かなかったですし、絵の具遊びをさせる発想もありませんでした。でも、ある日保育園から作品(と言っても、ただ指の跡のある何か)を渡されたとき、初めての絵具遊びだ〜!と嬉しかったです。家ではなかなかできない遊びですよね。

季節のイベントをしてくれる

季節のイベントをたくさんしてくれます!子供の日は鯉のぼりを飾ったり、七夕は笹を飾ったり。夏はほぼ毎日プール。お誕生日会もやってくれます。マメな方は家でもやるのでしょうが、私はもともとちゃんとした方ではないので、季節のイベントをしてくれるのはとてもありがたいです。

ちなみに、この季節のイベントの時に、よく足形を取ってくれるのでとても嬉しいです。こいのぼりや七夕の飾りに足形が押してあったり。お誕生日会も、カードを作ってくださってとってもいい記念になりました。

子育てに少し余裕ができる

私の場合ですが、食事の心配も減って、ドーンと構えることが多くなったように思えます。自然と余裕が生まれて、笑顔が増えたような気もします。

迎えに行くときめちゃくちゃかわいい

私を見つけると、びっくりしてからニコ〜っ!として、拍手。そしてハイハイやあんよでがんばって寄ってきます。めちゃくちゃかわいいです。

デメリット

と、こんなに至れり尽くせりでデメリットなんてあるの〜?と思ってしまいがちですが、もちろんデメリットもあります。

感染症

それは感染症。と言っても、重いものではないです。我が家は任意も含めて予防接種は全て受けているのですが、それでも防ぎきれない感染症はありました。それは、手足口病と風邪です。手足口病は幸い軽かったので、特になんともなかったのですが。風邪が胃腸にきたり喉にきたりすると、もう不機嫌度MAXで夜もおちおち眠れなくなりました…。数日で治まりますが。クラスで1人でも風邪をひいている子がいると、必ずもらってきます。

幸い我が家ではありませんが、もし同じクラスに定期予防接種や任意予防接種を受けていない子がいたら、ちょっと注意した方がいいかもしれません。スケジュールによってはうつされちゃうかもしれないですから。私の知人に、0歳のお子さんが保育園で水疱瘡をもらってきてしまったという人がいたのですが、もう少しで予防接種だったのに〜とがっくりしていました。水疱瘡ならまだいいですが、ヒブや肺炎球菌などなど、危険な病気はたくさんあります。我が家の通う園では、ちゃんと予防接種の指導をしていて、日付も報告させています。このため、受けていない人はあんまりいないんじゃないかなと勝手に予想しています。

初めての◯◯問題

初めてのハイハイや立っち、あんよを見れるかの問題。親の気持ちの問題なので、割愛します。笑(ちなみに我が家は、ハイハイは見れませんでしたが立っちとあんよは見れました! まあ、ハイハイはずりばいとハイハイの区別がよくわからなかったというのもありますが…)

洗濯がめちゃくちゃ増える

園では最低1回着替えます。でも子供が汚せばどんどん着替えます。お食事エプロンもあるし、口拭きタオルも、ガーゼもあります。布物がとにかく多い! 夏の間はほぼ毎日プールに入るので、毎日バスタオルを使います(使った後は丸めて洗濯物袋に入れるので、もちろん次の日は使えない)。週末はシーツを持ち帰ります。

というわけで、洗濯はとにかく大変!毎日とは言いませんが…結構なペースで回していかないと足りなくなります。

まとめ

0歳で預けるのって不安ですよね。かく言う私も、保育園の内定が出た時、泣きました。この子と10時間も離れるの!?と。保育園の方が楽しいって言われたらどうしよう、先生の方が好きになっちゃったらどうしよう、初めての立っちもあんよも見れない、愛情不足と子供に感じさせてしまったらどうしよう…。でも、入園式で、PTAの方が挨拶される時に、子供たちに「みんな保育園好きかな?」「お父さんとお母さん好きかな?」と聞いたんです。するとどのクラスの子供たちも、どちらの質問にも「大好き〜!」と元気よく答えていました。泣ける…。

そして今。夫が半年育休を取って2人体制で過ごし、その後は保育園で昼間は先生方・夜は2人体制で見ているというのに…長男はものすごいママっ子です。ママ大好き!を全身で一生懸命表現してくれます。保育園に預けるのって色々不安でしたが、我が子のことをかわいがってくれる人が増えるってことなんだな、と思いました。たくさんの方に愛されて、息子は今日もニコニコしています。

以上、我が家が感じた生後6ヶ月〜1歳くらいまで預けてみてのメリット・デメリットでした。この記事をご覧になっている全ての方が、納得のいく育児ができますように。最後までお読みくださりありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました